アートディレクターってのは美術表現、芸術表現をもちいた総合演出を 手がける職務を意味

広告に時々ふっと引き付けられることがある。何が気になったのか、が気になってじっくり見てみる。結局分からずじまいだが、そこには確かに私を引き付けた何かが存在したのだ。そういった広告を作っているのがアートディレクターなる職業の方々だ。彼らはいってみれば広告を作るための監督だ。広告を作る時はグラフィックデザイナーや写真家やコピーライターなどがチームで作業をするらしい。その中心にいるのがアートディレクターだ。クライアントの意向を汲みブランドイメージを明確に打ち出す。ちまたに溢れる広告の洪水のなかで一番目立たなければならない。人の気持ちを引き付けなければならない。その手腕をあますところなく思う存分振るうのが私のアートディレクターのイメージだ。